デリヘル

キャバクラからデリヘルに転職

私は、昔キャバクラで働いていました。
それなりに指名客も付いており、ある程度の稼ぎはあったのですが、そうして稼いだお金を浪費してしまう癖が付いたことで、もっと高額な報酬を手にしたいという欲が出てきたのです。
そこでキャバクラ以上のディープな風俗にチャレンジする事に決めました。
24歳という年齢、顔は人並みですが、体型はメリハリあるボディーで自信はあります。
更にキャバクラで培った接客術も、大いにアピールできるポイントだろうと思い、こんな私を是非にとも欲しているお店をインターネットを使って探し始めたのです。
風俗業界の求人案内を専門に扱っているサイトの存在は、以前より知っていました。
そこには数多くの募集内容が掲載されており、様々な風俗サービスが紹介されています。
報酬という面だけ見れば、やはりソープは破格の条件として、とても魅力的に映りました。
しかし、いきなりソープというのには抵抗もあり、やっていける自信もなかったので、まずはデリヘルで、そのテクニックを磨く事にしました。
求人サイトでデリヘル嬢の募集を一つ一つチェックしていき、私と同じようなルックス、年齢の女性が多く在籍しているお店を探します。
そうしたのは、採用率が高いと思ったからでしたが、この思惑は、見事に功を奏しました。
サイトの応募フォームから応募し、面接を受けた結果、即決に近い形で採用が決まったのです。
まだデリヘルで働き始めて日が浅い為、至らない点がたくさんある事は自覚しています。
それでも男性客への接客の心得がある事が、この仕事でやっていける唯一の拠り所です。
徐々に収入も上がっており、もう少しでキャバクラで働いていた時以上の収入になりそうなので、なお一層頑張りたいと思っています。

風俗から多くを学ぶことができました

社会人時代、カード破綻しそうになったので風俗でアルバイトすることにしました。
文字通り、最初は本当にお金目当てでしかこの仕事を選びませんでした。
月収が100万円以上という触れ込みで応募をしました。
お金という動機でこの世界に踏み入れることになった時は、かなり緊張しましたし、不安もありました。
万が一顔バレしたり病気になったらどうしようと思ったのですが、個人情報はお店側が徹底して守ってくれますし、本番行為は何が何でも絶対禁止のお店でしたので、そのあたりは安心できました。
でも、綺麗な容姿で男の人を興奮させ、適当に射精させたらよいという考えではお金を稼ぐことはできません。
この世界本当に勉強と努力と自分磨きが徹底的に必要とされます。
容姿に関しては、ほぼ写真通りのスタイルをキープしておかないといけないですし、常に清潔感を匂わせ、綺麗にしておかないといけないです。
言葉遣いに関してもできるだけ丁寧に男性に言葉かけをしてあげると喜ばれますし、ベッドの上でのテクニックも男性の体調などに合わせて行ったりしないといけないです。
いかに男性の心をつかむことができるかが、かかっています。
こうした小さな努力のおかげで自分にも常連客がついてくれるようになりましたし、新規のお客様が自分のサービスに感動して再度来店してくれた時はかなり感激してしまいました。
お金目当てで働き始めた風俗のアルバイトですが、本当に人のことやサービスのことなど多くのことを学ばせてもらっています。
もちろん、たくさん稼げたおかげで借金も完済することができて何よりです。